インターンシップとは?

インターンシップとは、一般的には、学生が企業等において実習・研修的な就業体験をする制度のことであるが、インターンシップが活発に行われているアメリカにおいては、大学のイニシアチブの有無、実施期間、実施形態等によってインターンシップと称するかどうかを区分する場合もあるとされている。
一方、我が国においては、インターンシップについては、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」として幅広くとらえられている。
(引用:平成9年、文部科学省・厚生労働省・経済産業省 「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」)

上越市インターンシップ

上越市では、高等学校を卒業し、市外に進学した学生が地元の企業に就職しやすい環境を整えるとともに、学生の就職意識の啓発と市内定着を図るため、市内の企業情報を発信し、インターンシップを推進しています。

インターンシップに積極的に参加しましょう

近年、若年労働者の離職率が高くなっており、仕事に対するイメージと実際の就業とのミスマッチが指摘されています。インターンシップに参加することで、仕事を実際に体験し、将来就きたい職業に対する理解を深めることができます。 また、インターンシップを受け入れる企業も、自社の人材確保の観点だけでなく、社会貢献の一環として、次世代を担う若者の人材育成にご協力ください。