上越地域消防事務組合

実施期間/平成30年8月参加者/首都圏T大学Tさん、県内N大学Mさん

インターンシップには男女2名が参加しました。

■インターンシップに参加したきっかけは?

(Tさん)消防士を目指していて、今回インターンシップで消防署の業務を見てみたいと思いました。
(Mさん)HPを見て知りました。

■どんな体験をしましたか?

(Tさん)消火や救急、救助訓練などを体験しました。
(Mさん)消防のみならず、救急や予防など様々な業務を体験しました。

■何を学びましたか?

(Tさん)消防士の仕事はもちろん、ONとOFFの切り替えが重要なこと。
(Mさん)出動に備えての、日頃からの準備の大切さ。

■この体験をどのように活かしますか

(Tさん)自分に足りていない部分やもっとパワーアップできる部分が見つかったので、就職に活かしていきたいです。
(Mさん)消防士を目指す上で、足りないと思った所を向上させたいです。

■インターンシップに参加する前と参加後の変化は?

(Tさん)参加してからは、何事にも誇りを持って仕事をしている消防士さん達の姿に、更に憧れをもちました。
(Mさん)消防といえば、火災や救急などの現場イメージがありますが、その他にもたくさんの仕事がそれぞれ行われているんだなと思いました。

■あなたが感じた企業イメージは?

(Tさん)皆優しく、和やかな良い雰囲気の中で、緊張感もあり、やりがいのある職場です。
(Mさん)メリハリのある職場だと感じました。

■インターンシップを終えての感想は?

(Tさん)上越消防の皆さんと同じ舞台で仕事がしたいと思いました。
(Mさん)普段の学生生活では学ぶことができない貴重な体験ができて良かったです。

一覧に戻る